人生観

人格・品格・性格が感情を媒介として表情となり年輪を刻んでゆく 顔よりも性格・品格・人格  人形は「顔が命」なのかもしれないが、人間にとっては、顔よりも性格、性格 ...

人生観, 価値観

この世界を好きになれば、それでよい 自分という計器で自分自身の重さを測ることはできない  「自分のことが好きになりたい」とか「自分のことが嫌いで仕方ない」とかブ ...

人生観

妬みや恨みは他人を不幸にするための呪術ではなく、本人を焼き殺す呪詛  他人を羨ましく感じることによって心に痛みが走ることがある。この感情を嫉妬あるいは妬みと呼ぶ ...

人生観

親より長く生きるのに、親に未来を決めさせるな 親の世間体や見栄を満たすための道具  いい年をした子どもに対する親の「愛情」というよりはむしろ「執着」から来る助言 ...

人生観

自分基準による絶対的な自己肯定を得て抜け出そう  優越感で心を潤す人は、それと同じかそれ以上に、劣等感で心が干涸らびていく場面に出くわすことになるだろう。 他者 ...

人生観

どちらにどれだけの時間とエネルギーを注げるかが人生を分ける  人生には、三つの事柄がある。やらずにはすまされないこと、やらずにはいられないこと、そしてどうでもよ ...

人生観

「やった時の後悔」と「やらなかった時の後悔」のどちらが大きいかを 人生は二択問題の連続  人生における選択や決断というものは、突き詰めて分解していけば全て二択問 ...

人生観

怒りや恨みといった負の感情への向き合い方 自分の家が汚れていることに耐えられるか  自分の家や個室に見るからに汚いゴミ、あるいは悪臭を放つ汚物があったとしたら、 ...