人生観

妬みや恨みは他人を不幸にするための呪術ではなく、本人を焼き殺す呪詛  他人を羨ましく感じることによって心に痛みが走ることがある。この感情を嫉妬あるいは妬みと呼ぶ ...

ゼミ, 人生観

ほめられなくとも、大事にされなくとも、伸びる・育つ・生き抜く美学  たまに「私はほめられて伸びるタイプです」と主張してくる学生がいるが、雑草が「温室に入れてもら ...

価値観

小さな単位での話を大くくりの集団に拡大適用してしまうことの危険性 主語が大きくなりがちな人  考えることを面倒くさがる人はどんぶり勘定しかできないので、どうして ...

赤十字

2017年10月5日 明治学院大学経済学部経営学科教授 森田正隆 国際赤十字・赤新月社連盟事務総長エルハジ・アマドゥ・シィ氏の特別講演会を開催  明治学院大学の ...

価値観

ネットワーク型の「ともに生きる社会」で生きてゆくために 見ている人の数だけ違う世界がある  われわれは複雑なものを複雑なまま理解することができないので、単純化や ...

人生観

親より長く生きるのに、親に未来を決めさせるな 親の世間体や見栄を満たすための道具  いい年をした子どもに対する親の「愛情」というよりはむしろ「執着」から来る助言 ...

価値観

身軽になった本当の自分が浮き彫りになる 「良いものを競い合って奪い合うのが人生だ」という思い込み  高価なもの、珍しいもの、貴重なもの、人から羨ましがられるよう ...

仕事

なる、なりたい、やる、やりたい、できる、やれる なる(will be) なりたい(want to be) やる(will do) やりたい(want to do ...

仕事

「ビールを飲むのが好きだからビール会社に入りたい」というのはダメ 音楽関連の仕事で食べて行きたいです。 ゲームが死ぬほど好きなんで、ゲーム開発会社に入りたいな。 ...

人生観

自分基準による絶対的な自己肯定を得て抜け出そう  優越感で心を潤す人は、それと同じかそれ以上に、劣等感で心が干涸らびていく場面に出くわすことになるだろう。 他者 ...

教育

同調圧力に負けず、自分を外に出すことの重要性  昔も今も変わらず、大学の授業に対する学生たちの一般的な態度として、以下のようなものがあるように思える。 教室の前 ...

仕事

教育と学習に投資することの重要性が増してゆく かつては就業人口の8割が農林水産業で働いていた  明治初期(1870年頃)の就業人口に占める第一次産業従事者比率は ...